ETCカードのおすすめは?無料の作り方が知りたい!

マカロン
ナポレオン

ガソリンスタンドで給油するときに現金やクレジ

ガソリンスタンドで給油するときに現金やクレジットカード払いなどの支払い方法が選べます。

最近ETCカードを作ろうと思って調べていたところカードによってガソリン給油時に値引きやクレジットカード利用時のポイント付与が2倍になるなどの特典がつくお得なカードもあるようです。

例を挙げると、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイント還元率が2倍になり貯まったポイントで支払いもできるそうなのでよく車を利用される方や高速道路で遠出する方は給油特典があるカードの利用がお得です。

どんな特典があるかカードごとに違うのでいろいろ調べてお得なカードを見つけてください。

大学生になって車の免許を最近取ったという方もいると思います。

夏休みや春休みに友達と遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここでは一般的なETCカードの作り方を解説します。

カードの作り方としては大きく分けて2つになります。

各クレジット会社から発行しているクレカタイプと各高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードという2種類です。

基本的にはクレカタイプで入手することをお勧めします。

その理由としてはクレカタイプでは新規申込時に同時申請できることやすでにクレカを持っている方の場合は追加申し込みで簡単なのに対しパーソナルカードでは最低4万円の保証料を預ける必要があります。

休日に車で遠出をする際にみなさんは高速道路の料金をどう支払っていますか?ETCカードを利用している方が大半ではないでしょうか。

実際にNEXCO東日本の調査では平成30年3月のETC利用率は約90%になっているそうです。

なぜこんなに利用率が高いのか調べてみたところ一般レーンでの支払いに比べてスムーズに通過できることや料金割引が使えるので一般レーンよりお得という理由がありました。

例えば、木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインでは普通車料金が現金、クレカ支払いで3090円なのに対してETC利用では800円とかなりの差額が出ています。

また、親となるクレカ次第ではガソリン給油時の割引がついているカードもあります。

皆さんは普段、高速道路を利用する時にETCカードを使っていますか?もし現時点で使ったことがないならとてももったいないです。

ETC利用で高速道路の料金割引が適用されるからです。

例えば、NEXCOが管理している道路の利用料が3割引になるんです。

他にも平日朝夕割引や深夜割引といったサービスも行っているようです。

また、割引が適用されない区間でもほとんどの人が経験したことがあると思う料金所一般レーン直前の渋滞を気にすることなく通過できます。

使ってなくて損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方は所持しているクレカ会社に追加で発行してもらうかサブとして新規でクレカと一緒に申し込みしましょう。

高速道路などを通行するときなどに割引があったり一般レーンと比べてあまり渋滞の影響を受けずにスイスイ料金所を通過できてお得なETCカードですが高速道路を利用しない時のETCカードを皆さんはどう管理していますか?ネットで調べてみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

入れっぱなしの人の意見を見ると「高速に乗る段階になって挿入し忘れるのがいやだ」、「もし盗難されても悪用されにくいから気にしない」という意見がありました。

ただ挿したままの方の中には別のカードにしようと思って1回抜いたら起動時にカード認識エラーがよく起こるようになってしまったという方やレンタカーを返す際に挿したままだったといううっかりも報告されていました。

できればこまめに抜き差しするクセを習慣づけしましょう。

ETCカードを持っていないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレカです。

もしクレカを持っていなく銀行のキャッシュカードしか持っていないという方は基本的にはクレカを作らなければなりません。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついている一体型の場合はそのまま発行手続きができます。

なぜ銀行のキャッシュカードで作れないかというとETC無線走行をするときにゲートを通過する際にデビット支払いのように銀行口座から即時引き落としにしてしまうと新しい口座にお金を移動していて偶然口座にお金がなかった場合にETC出口を通れなくなってしまうからです。

自動車免許を取得して友達と車で旅行をする際に首都高などの高速道路を活用すると思います。

そんなときに持っていると便利なのがETCカードです。

たまに料金所の現金レーンで渋滞が起きているのを見ますよね。

ETCレーンが利用できれば無線通行なので料金所をスムーズに通過できます。

カードを作るにはクレカを作る必要があり、クレカをすでに所持している場合はそのまま追加申し込みをして問題ないですが新しくクレカを発行するときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとに特徴や年会費の有無など違いがあるので自分にあったカードを見つけてください。

わかっているようで実は知らないルールってありませんか?例えばETCの正しい使い方・注意点はどうでしょうか。

ネクスコのHPで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレカと同じく有効期限があるので車に乗る前に確認しましょう。

車に乗ったら車載器にカードを挿入することになりますがオモテ面ウラ面などカードの向きに気をつけてください。

ETCレーンに入る際はレーンエラーなどで信号が赤になっていないかの確認とレーン内では時速20km以下のスピードで通行してください。

もし何らかの理由で出口の開閉バーが開かないといったトラブルが発生した時は決して車をバックさせず、インターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

大学進学や新社会人になるにあたって車の免許を取って遠くに出かけたいと思っている方もいると思います。

新大学生など免許取り立ての方の多くはETCカードを持っていないと思います。

ネット上でもどこで作れるの?といった質問も見受けます。

なのでETCカードの作り方について少し調べてみました。

まず最初にETCカードは購入するものではなく申し込みをして発行されるものになります。

ネクスコなど高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと一般的にイメージされるクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

もしクレカを持っていてETC対応の会社なら追加発行の申し込み、ETCパーソナルカードは審査に時間がかかるので基本的にはクレカと一緒に申し込みましょう。

就職や転勤などで大都市へ引っ越したことにより車に乗らなくなった。

そんな方の多くはETCカードを所持していると思います。

カードの解約を検討する方が多いと思います。

クレカも一緒に解約するパターンとETCカードのみ解約する2通りがあります。

手続きに関しては電話、郵送、webなど各カード会社によって異なります。

郵送の場合は1週間前後、電話のみで手続きが可能な場合は即日というように時間がかかりますので郵送したから即破棄するというのはやめましょう。

手続きが完全に終わったら、磁気テープ部分とICチップ部分が認識できないように真二つにハサミを入れ、外から見えないようにした後に燃えるゴミとして処分してください。

ここ数年でノマドワーキングというスタイルが増えていると聞きます。

中には独立して個人事業主や法人化して社長となって働く人も増えています。

個人事業主や法人化した方の多くは経理業務がとても面倒だと感じるそうです。

特に打ち合わせなどで移動する際の電車やタクシー代などの交通費は計上回数が多くなりがちで毎回領収書を出して月毎にまとめて保管、清算して…というのはかなり面倒そうです。

できれば屋号口座・法人口座からまとめて引き落として経費参入しておきたいですよね。

高速道路料金で使用するETCカードも同じようにしたいはずです。

基本的な作り方は個人用のカードと同じ流れとなりクレジット機能付きの法人カード発行は設立・独立したばかりでは審査に通りにくいと言われており、会社設立後の1つの関門とされています。

ここぞというタイミングでトラブルが起きる方っていますよね。

というのもこの前ETCカードを利用しようと思って財布の中を見ても見つからなかったんです。

家に帰ってから改めて部屋の中を探しても見つからず気づかぬうちに失くしてしまったようです。

こんな時にどうしたらいいのか慣れていないので焦ってしまいました。

ひとまずカード会社にETCカードの利用停止の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクという部署で手続きを行ってもらえました。

紛失したカードの停止・再発行の手続きをしてから1から2週間程度で新しいカードが届きました。

このように予期せぬトラブルに見舞われても落ち着いて行動をしましょう。

買い物時の支払いなど様々な場面で付与されるポイントですがクレカ会社が発行しているETCカードで高速道路を利用するだけでもポイントが付与されるのを知っていますか?例えば楽天カードで買い物をした時にはスーパーポイントが利用額に応じて還元されますがETC利用でも同様にポイントが付与されます。

還元率に関しては楽天カードのようにETCでも同率で付与されるカードもありますが、大半はETC使用時では付与率が減少していることが多いようです。

また、最近は少ないですが、ポイント付与の対象外のカードもあるようなので高速道路を利用する頻度などから申し込み先を選ぶのもいいかもしれません。

高速道路を利用する車の9割がETCカードを使っていると聞きます。

持っていない場合はカードを発行するためにクレジットカードの申込みが必要です。

すでに何かしらのクレカを使っている方は追加で発行してもらうことも可能ですがサブクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレカを申し込もうとしている方向けに様々な面からどのカード会社に選べばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない・あまり車に乗らない方なら年会費無料のライフカードなどがいいでしょう。

楽天でよく買い物をされる・よく車を利用するという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率が良かったりENEOSでの特典がつく楽天カードという選択肢もあります。

このようにポイント還元率やライフスタイルから自分に合ったカードを探してみてください。

1、2年ほど前からカーシェアリングサービスなどでキャンピングカーをレンタルしての旅行が人気なようです。

キャンピングカーで旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際にETCカードを使おうと思う方多いと思いますがレンタカーでもETCの利用自体は車載器に挿すだけですが旅行後にETC利用照会サービスを使って履歴を見るには事前準備が必要になります。

利用照会サービスでは本人確認を行うための事前登録として「ETCカード番号」、「ETC無線通行した利用年月日」などいくつか情報が必要になります。

レンタカーの車載器管理番号など自家用車などでETCカードの登録をすでに行っている、もしくは1度登録したカードについては他の車両で利用するときの登録は不要になります。

Copyright (C) 2018 ETCカードのおすすめは?無料の作り方が知りたい! All Rights Reserved.