クレジット機能のないETCカード

ETCカードでクレジット機能を持っていないものはないのですか?

ETCカードが欲しいのですが、個人的にクレジットカード機能は不要だと考えています。

 

そこで気になったのがETC機能だけを持ったカードの存在です。

 

私の身の回りでも、みんなクレジットカード機能を持ったETCカードを保有しています。

 

こちらのサイトでもあくまでもクレジットカード機能のあるETCカードがメインになっていると思うのですが、もしかしてETCカードだけの存在というのはないのでしょうか?

ETC機能だけを持ったカードもありますが、一般的にETCカードというのは、クレジットカード機能を持たせたカードの事を意味しています。

 

ETC機能だけを持ったカードの事を「ETCパーソナルカード」と言います。

ETCパーソナルカードとは?

あまり需要がないため、広く知られていない存在でもあります。

 

ETCパーソナルカードの主な特徴としては、保証金が必要になります。

 

その保証金の範囲内でしか利用ができないというデメリットがあります。

 

例えば1万円の保証金を設定した場合には、8千円までしか利用する事ができません。(最大で8割まで利用可能)

 

こうした保証金はあくまでも保証金であり、前払いという意味を持っている訳ではありません。

 

あくまでも担保として信用を意味するお金であり、実際の利用料金は口座引き落しとなります。

 

クレジットカードのような事前審査を必要とはしていませんが、手続きが非常に面倒臭く、口座引き落しになっている以上は、申請→口座確認手続きが入ります。

 

このような特性を持っているが故に、あまり普及をする事がなく、一般的にETCカードというのは、クレジット機能を持ったカードの事であるという認識をされています。

11枚のETCカードを試した管理人のオススメはコレ!

今だけ!入会キャンペーンで最大18,000ポイント!

  • オリコモール利用でポイント還元率最大15%!
  • 入会後6ヶ月間はポイント還元率2%!
  • iDとQUICPayの二つの電子マネーを搭載!
  • 貯まったポイントは各種ギフト券と交換!
  • ホテル・ツアーの割引やトラベルサポートも充実♪
  • 万が一の時にはオリコが損害を負担!

ETCカードクレジット機能無し?おすすめ作り方【FAQ】関連ページ

ETCカード=クレジットカード?
ETCの機械にクレジットカードを挿して「使えない!」という奥様もかなり多いです。そこで今回ピンポイントで良い質問を頂きましたので、ご紹介させて頂いています。現在の主流が個別カードの発行になっている点を詳しく解説しています。
シンプルなおすすめのETCカード
ETCカードだけが欲しい。だけど仕方がなくクレジットカードを選んでいる。私の周りにもこういった方は多いので、そういった方がカードを選ぶ時のアドバイスを行っています。ちょっとしたきっかけがカード選びでは重要になります。
すぐに発行されるETCカードは?
即日対応のクレジットカードの説明と、今持っているクレジットカードにETC機能を付ける方法をご紹介しています。何とかETCカードだけ欲しいというご要望も多かったので、参考にしてみてください。
一枚選ぶならどれがいい?
どのETCカードを選べば良いのか分からない。もう誰かに決めて欲しい。こうした要望をお持ちの方は多く、特に年配の方ほど、言われるがままに作ってしまうという特徴があります。
ETCカード審査ゆるい?
ETCカードの審査に落ちてしまったというご相談は決して少なくありません。今回、審査に落ちてしまうよくある原因を回答として差し上げていますので、是非参考にされてみてください。
自分以外の車でも使える?
ETCカードを色々な車に差し込む事はできないのか?こういった質問が非常に多かったので、どのカードが使えて、どのカードが使えないのか。全てパターン別にご紹介していますので、参考にしてみてください。
審査通らない対処法は?
レジットカードの審査がダメなら、永久にETCカードは手に入らないのか。ご質問自体はそこまで多くはなかったものの、同様の心配をされている声はよく耳にします。そのための解決方法をご提案させて頂いております。
おしゃれなETCカードってある?
ETCカードのデザインに対する意見は決して少なくはありません。利用者が増えているからこそ、オリジナルのETCカードが欲しい。しかし現状ではなかなか難しいとうのが本音なのです。
他人に番号を知られても大丈夫?
ETCカードの悪用について、回答させて頂いています。どういった悪用の可能性があり、どのようなリスクを担っているのか。車に差し込むだけのカードではありませんので、くれぐれも慎重に扱っていきましょう。